ファッションブログ『studio Ui』

『studio Ui』

アウトドアと相性抜群なストレッチデニム

ストレッチデニムのレビュー

下半身が一番楽だったのは…

自然観察やトレッキングで活発に野山を動き回る際、身体の動きを窮屈にしないボトムス選びというのは意外と重要なポイントとなります。
元々下半身が太い上に筋トレ効果もあって筋肉も硬い私は、これまで伸縮性やフィット感の無いパンツを無理して穿いてきた結果、1年も経たないうちに股ぐり部分が裂けてしまい、頻繁に買い替えざるを得ませんでした。
そんな不快感を一掃してくれたのがストレッチデニムだったのです。

股ぐりが破れる度に出費が痛く…

以前アウトドア全般だけでなく、タウンユースでも良く私が穿いていたのは、少し重めのデニムがメイン素材のカーゴパンツでした。
確かに見た目頑丈でポケットも多く、機能性と格好良さを兼ね備えており、お気に入りだったのですが、意外にも股ぐり部分が弱く、1年ちょっとでその部分が摩擦で劣化し、破けてきてしまいます。
同様の症状は普通のジーンズでも良く現れており、私にとって悩みの種でした。その都度1本1万円近いお金を出して買い替えるのが、非常に勿体無く、また馬鹿らしく思えていたのです。



想像以上に快適で丈夫だったユニクロのストレッチデニム

我慢も限界に達し、有名ブランドというこだわりを捨て、初めて選んだのがユニクロのストレッチデニムでした。
試着した時の心地良さや、どこまでも伸びる伸縮性がクセになってしまい、早速2本購入したのですが、その後どんなにきついフィールドを歩き回っても、股ぐりが劣化する様な事は一切無く、意外なほど安心して穿きこなせる事にまたビックリしました。

シルエットもスリムタイプで脚をスッキリと見せ、野暮ったい感じは一切ありません。
トップスにレインジャケットや速乾性Tシャツ等を合わせても無難に着こなせ、早くもアウトドアの必須アイテムに昇格してしまったのでした。

真夏以外なら常に快適

ストレッチデニムはコットンに若干の化繊が混じるものの、通気性や速乾性に特別優れている訳では無く、さすがに真夏はアウトドア専門のカーゴパンツに切り替えます。
ですがそれ以外のシーズンなら快適に穿け、タウンからアウトドア、自然観察と多岐に渡って活躍してくれます。
股ぐりが劣化しない伸縮性は、長時間ドライブや鉄道・飛行機移動の際にも快適性を発揮してくれます。
長時間座ってもきつさは一切無く、サラサラな触感はすぐに午睡へと誘ってくれます。
もう少しアウトドアユースに振ったアイテムが出てくれれば嬉しいのですが、それはさすがに望み過ぎというものでしょう。
いずれにせよ、有名ブランド1本分の料金で3本も買えるのですから、ユニクロには感謝です。



関連記事