ゆい環境問題研究会

プラスティックフリー生活!


どこにも使われているプラスチックを見直す

プラスティックって毎日の生活の中で欠かせないものですよね。
スーパーに行ったら全てのものはプラスティックに包装されています。
買い物をすればプラスティック製の入れ物に入れられ、日々の日用製品だって多くのものはプラスティックが使われています。
それは、安くて簡単に供給できるからですよね。
そんなプラスティックが私たちの生活の中かから消滅することって考えられますか?
さすがに、それは不可能ですが、プラスチックごみ削減のために、プラスチックを見直す必要性はあると思います。

リサイクルだってタダじゃない

リサイクルだって結局はプラスティックを生み出しているため、根本的な問題解決にはなりません。
問題保留ということです。
リサイクルをするのにも、大量のエネルギーを使うことにもなるのです。
そのエネルギーは、原発ではなく、タンカーで運ばれた石油でやるのですから、地球環境を考えた時には、ナンセンスなのです。
リサイクルをするというのは環境に良いように思うかもしれませんが、結局はそこまで良くありません。

人間にだって悪影響

このプラスティックは人間が使い終わった後どうなるでしょうか?
燃やされる?
埋められる?
高温でもやしダイオキシンを発生しないようにする事も可能になってきたようですがそれでも、最終処分省に埋め立てられたりしています。
細かくなったプラスティックはミクロプラスティックと言い人間の食べるものに入っていることもあるのです。

だからプラスティックフリーが必要です

そのため、プラスティックをできるだけ消費しないという事が大事なのです。
マイバックを持参する、ペットボトルは買わない代わりにマイボトルを持参する、包装されたものはできるだけ買わない。
そういったちょっとのことでも、環境のためには良いのです。
完全にプラスティックをフリーにするのが難しくても、ちょっとずつ始めてみませんか?

関連記事