ゆい環境問題研究会

気候変動と最近の自然災害


現在の自然災害の状況

人類は、気候変動や地震、津波、火山などの最近の自然災害につながる環境汚染の影響により、絶滅の危険にさらされている。過去数年にわたって、人類は、人間の命を危険にさらす自然、自然災害、伝染病の脅威に直面してきた。
2005年、津波はタイとインドネシアの何万人もの人々を洗い流した。
2008年に、地震は中国で四川省を破壊した。
2011年3月、地震と津波により日本は死んだ土地になった。
2万人以上が死亡し、経済施設が破壊された。
地震と津波に加えて、2007年にオーストラリアで干ばつを引き起こし、南アメリカでは洪水を引き起こしたEl-Ninoもある。
これらは激しい数字であり、今を生きる人間達の堕落した精神に対する自然の怒りを示している。
これを天譴という。

ここまで自然災害が酷くなった原因

一つ目の理由は、自然に対する人間の影響である。
例えば:森林を破壊してエコバランスを無くしたり、科学が欠ける農薬や除草剤などの化学物質を使用したりすることである。
そして、産業排気ガスや生活排気ガスはオゾン層に穴を壊して、環境汚染と資源枯渇が引き起こされる。
二つ目の理由は、人間は他人に対する憎悪への対処として、世界を支配したい感情があるので、爆弾や化学兵器を生産し、ずっと金儲けのための戦争をする。

環境破壊の地球への影響

気候の変化は、地球の生態系を変化させる。
この変更により、水が不足、汚染された空気、自然エネルギーが徐々に枯渇するなどの問題が発生する。
それに、地球の温度は上昇しているため、一部の種は消滅したり、絶滅したりする危険性がある。
主な理由は、これらの動物の生息地が人間の森林伐採によって脅かされていることである。
又、危険な病気を与える。
海面を上昇させて、海岸がなくなっている。

良心的な人はこの問題に対してどうしたらいいの?

実践的な行動で環境を保護するために手を取り合ってください。
例えば:森林伐採、鉱物の無差別搾取のようなことをしてはいけない。
水源に油、グリース、有毒化学物質、放射性物質、廃棄、動物の死体、植物、細菌、有害なウイルスを排出してはいけない。
各国は、戦争を行わず、化学兵器を使用し生産しないことを誓約しなければならない。

地球と人類の未来のために、私たちは手を取り合って環境を守ろう。